御礼

梅雨の晴れ間の貴重な日であったかと思われますが、昨日の第39回定期演奏会にはたくさんの皆さんが来てくださいました。
ありがとうございました。

今回の演奏会では、1部で難曲の中国の不思議な役人に挑戦し、2部では誰もが耳にしたことがある曲をプログラム致しましが、皆さんにはどのように聞こえましたでしょうか。
アンコールの「祭」では、お客様との一体感を感じる、楽しいひと時でありました。
1つでも心のどこかに留まっている曲がありましたら、我々も嬉しく思います。

フィンランドからテューバを担いで飛んで来てくださった小林宏光さんにも感謝申し上げます。
その音色に、伴奏しました私たちも聞き入ってしましました。
年末12月22日に開催します、第40回定期演奏会で、再びその甘い音色を萩ホールに響かせていただきます。
どうぞ、お楽しみに‼️

また、今回の演奏会では、お客様や各団体様から、団、団員に対して、美味しいお菓子や、電報を頂戴しました。
こうした皆様に支えていただいていると実感いたします。

スタッフとしてご協力くださった、多賀城吹奏楽団のみなさん、OB、OG。
そして演奏を手伝ってくださった、賛助出演の方々にも心から感謝申し上げます。

そして、開催に際して後援してくださった各位、後押ししてくださいました、団員の家族、職場の皆さま、にも感謝を申し上げるとともに、今後も変わらぬご支援をお願いいたします。

次の演奏は6月29日(土)茂庭台市民センターでのリニューアル記念演奏会にお招きいただきました。
またまたお馴染みの曲を用意しておりますので、お誘い合わせの上お越しください。

さらに、この夏も吹奏楽コンクールに挑戦します。
昨年は悔しい思いをしましたので、今年の1月に団員全員で立てた目標が達成できるように、さらに練習を重ねてまいります。
引き続き、ご支援、ご指導をお願い致します。

梅雨も本格化し鬱陶しい季節が続きます。
寒暖の差も大きくなる時期ですので、お身体には充分に気をつけてお過ごしください。

またお会いする日を楽しみに練習に励んでまいります。

団員一同

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA